経営理念
たけの子福祉会では、人間尊重を基本とし、子どもたちの幸福のために地域貢献する職員をめざします。
家庭的な雰囲気の中で、子ども達一人一人の個性を大切にし、自分の力でしっかり歩いていける心と身体を育てる。
生まれてはじめて、外の社会を経験する子どもたち。
少しでも家庭的な環境で保育を行い、個性を生かしながら将来を見据えた保育の実施をいたします。
共に考え共に育て地域と共に生きる保育園。
保護者の皆さんと子どもの育ちに共に喜び、考え、
成長し合える関係を築き、地域環境の充実に努めます。
子ども達の幸福のために、努力を惜しまない。
経営理念
たけの子福祉会 経営理念は、各保育園が永続的にめざすべき、福祉集団としての使命として位置付けています。 「たけの子福祉会スローガン」は、その趣旨を要約したものです。

保育目標は、その使命を果たすため、職員全員が共有する価値観を示しています。